エッチ動画の契約するにあたって私の経験談

エッチ動画についての個人的経験談です。反面教師として観ていただけると幸甚に思います。

Page Top ▲

契約書にサインする際は少し落ち着いて全て確認しよう。

よ~く考えよう~体は大事だよ~
ワタシはもう2度と同じ過ちは繰り返したくない事をしてしまいました。
当時お金にかなり困っていて、どうせカメラの前でセックスするだけなんだから我慢すればいいや、と思いエッチ動画出演に関する面接に行った。
そのエッチ動画のギャラはなんと100万円以上。
ワタシはお金に釣られ安易な考えで受けに行ってしまいました。
そこで出された書類を良く読まずにサインをしてしまったのもワタシのかなりの落ち度である。
こうしてサインをした後、急遽部屋に撮影のカメラが入ってきて今までのセックス体験だったり質問された。
その後はオナニーまでさせられだんだん服も脱がされていき、面接してくれたオトコの人とセックスすることになった。
お金のためにエッチ動画の撮影をするのは最初から腹はくくっていたのでその時は頑張りました。
エッチ動画の撮影を一生懸命頑張った後、帰ろうと思い服を着ていると次はコワモテのオトコ達がぞろぞろと部屋に入ってきた。
オトコ達は、まだ帰ったらダメ、これからがエッチ動画の本番ですよ。
などと言ってきた。
ワタシは怖くなり逃げようとした。
安易にエッチ動画なんかやるんじゃなかったと後悔を一瞬でした。
そして逃げようとすると後ろから羽交い絞めにされ、これから100人のオトコとエッチ動画を撮影するから、と言われた。
ワタシは自分の愚かさにまた後悔した。
契約書を改めて確認させられ確かにそこには契約として、100人のオトコと24時間やり続けるエッチ動画を撮影すると書いてありました。
そしてその日は本当に24時間100人のオトコとセックスをする事になった。
おもちゃなど使って無理やり何度もイカされました。
アソコはもう限界で何度も激痛が走りました。
感じすぎて何度も失神したし窒息もさせられたりしました。
ワタシは逃げ出そうとも考えましたが、既にそんな気力は無かったです。
そしてワタシはまた気を失いましいた。
気が付いた時には終わってから何時間も経っていたみたいです。
ワタシが横をみると100万円の束が確かにそこには置いてありました。
その横には手紙も置いてありました。
今回は良い映像が取れて良かったよ。
裏で流すから宜しくね、と書いてあった。
ワタシはもう後悔に後悔しかなかったです。
エッチ動画を撮るだけでこんな思いをするとは思いませんでした。
まぁワタシにも過ちはあるので訴える事すらできません。
今回を機にもう二度とエッチ動画には手を出さないと決めました。

泣く女

これで終わりではなかった

あれから半年の月日が流れ私も精神的に落ち着いてきた頃にAV会社から電話があり、エッチ動画の再出演を依頼されました。
当然の如くお断りをいれましたが、私の無修正の動画を流すと脅されてしまい、結局出演することになってしまいました。
エッチ動画になんて出演したくないのにどうしてこんなことになってしまったのだろうと自分自身を責めました。
このような状況から早く脱出しないといけないことは頭の中では理解しているのですが、どうにもならないので仕方なく出演することにしました。
AV男優にまた身体を弄ばされるのだろうと思うと憂鬱になりますが、エッチ動画ではお金が沢山もらえることは事実なのでAV女優として仕事を一生懸命に頑張ることを決意しました。

悩む女

再出演を果たした女

エッチ動画の再出演を制作会社から脅されて決意したのですが、あの時の100人もの男性から責められるといった演出をさせられるのかと思うと憂鬱になりました。
でも、一度AV女優として生きてく道を選んだのであれば真剣に取り組んでエッチ動画界に革命を起こしてやるという気持ちで挑んでいこうと思いました。
しかし、その思いも見事に砕かれてしまうのですが、それは後の話でこの時は決意を新たにAV女優のプロ意識というものが芽生えていました。
AV女優としての2回目の仕事なのですが、企画ものだけはヤリたくないと思いエッチ動画の監督にそのことを伝えると笑顔で了承を得たのですが、この監督がドSであることを認識していなかったことが大きな間違いでした。
エッチ動画の撮影本番になり、現場へと直行し目的地に着いた頃にはとんでもない光景を目にしてしまいました。
場所は野外なのですが人通りも多く、そこにポツンと銅像を置く場所のような建造物が建っており、そこにはエッチ動画n制作会社の社名が書かれていることを発見しました。
この時点で何をするかが瞬時に理解できたのですが、この建造物の中に入って銅像の役に私はなって男性に犯されるのだと確信しました。
エッチ動画では既にこのような企画ものがありますが、それとは次元が違うのが周りがエキストラではなくて一般の人達がいることです。
さすがにこの企画ものができないと監督に直談判しましたが、聞き入れてもらえずエッチ動画の撮影が始まってしまったのです。
私は全裸にされて身体中に緑色の液体を付けられて銅像のような姿にさせようとスタッフ総出になって私の身体に液体を塗りたくっていました。
エッチ動画の撮影が本番間近になり、私のスタンバイが必要になりましたが思った以上に人通りが多くて躊躇してしまいましたが監督に背中を押されて目的の建造物に走って向いスタンバイが完了しました。
その準備が完了する前に多くの人に自分の身体を見られてしまったので内心ドキドキしながら待機していたのですが、同時に興奮も感じていることに気が付きました。
私がこんなにも変態だったことは自分自身で認めたくないのですが、自分でも判るぐらいにアソコが濡れており早くエッチ動画の撮影を開始して男性器を挿入してほしいという欲望が生まれていました。
それからは銅像に成りきりながらも人に見られながらセックスを行い、快感を感じながら無事にエッチ動画の撮影は終わりました。

銅像女